お礼の気持ちが大切|名入れやボールペンが無難|困らないものを選ぼう

名入れやボールペンが無難|困らないものを選ぼう

ギフトと手

お礼の気持ちが大切

プレゼント

選ぶのか難しい時

結婚や出産などのおめでたいことがあると、親族や友人からお祝いをいただくことがあります。お祝いをいただいたお礼の形として、相手に感謝の気持ちを込めて送ったり渡したりするのが内祝いです。お店に行き内祝いの品物を選ぶこともありますが、仕事で忙しかったり赤ちゃんが産まれたばかりの時は外に出歩くのも難しいのでインターネットのサイトで注文したり、内祝い専用のカタログを使い注文することの方が多くあります。そして内祝いの品物を何にしたら良いのか悩む方は多くいます。お礼の気持ちがある品物は嬉しいものではありますが、せっかくならもらって喜ばれるものにしたいものです。お祝いをくれる方の趣味や嗜好を知っているのであれば選びやすいですが、そうでない場合は相手に品物を選んでもらうカタログギフトがおすすめです。

品物を選ぶ時のマナー

現在の内祝いとは、お祝いをいただいたお礼として品物などを送るというのか一般的なものですが、昔はそうではありませんでした。家の中でお祝い事があった時の報告を兼ねて親しい間柄の人や家庭に一方的に送っていたものです。地域によってはその習慣が残っていて、突然内祝いの品物が届けられることもあります。内祝いの意味を知らなければお祝いを催促されているように感じることがあるので意味を知っておくことは大切です。また、現在の意味で送る場合も昔の習慣のまま送る場合も相手の負担にならないものを送るのがマナーです。あまりに高額な品物やお祝いで贈った金額以上のものは相手にとって大きな負担になります。品物を選ぶ時はその点だけは気をつける必要があります。